住宅ローン借り換えとフラット35のメリット

住宅を購入する時に必要な費用、それが頭金です。
頭金が無くても購入出来る!と言った宣伝も目にしますが、確かに頭金0円でも購入可能でしょう。
その代わり、月々の返済額は膨らみます。
月々の返済を少しでも楽にしたければ、やっぱり最初に頭金を少しでも支払うのがお勧めです。
頭金は目安が物件購入金額の20%と言われていますが、住宅には他にも様々な費用がかかりますので20%は目安として、支払える範囲で検討すると良いでしょう。
ソニー銀行の住宅ローンを申し込んだらまず審査が必要です。
住宅ローンは最大35年という長い年月の支払いが必要ですので、審査はとても厳重に行われます。
審査の合否判断には約1週間前後かかります。
結果は口頭もしくは電話で伝えられます。
審査に通らないと、残念ながらローンは組めません。
見事、審査が通ったら、次はいよいよ契約に移ります。
契約時は銀行から指示された必要書類を全部揃える他実印、諸費用などすべて用意しておくと良いです。
諸費用はその人の借りる額によって違いますが、いくら用意すればよいか銀行側から指示されます。
一般的には、数十万〜数百万単位の金額がかかると見ておくと良いでしょう。
住宅ローンの中には、フラット35という名前のローンがあります。
最大の特徴としては、35年間支払いが変わらない。
という点です。
フラット35の最大のメリットは、35年間返済金額が変わらない。
という事です。
フラット35に申し込みをすると、一般的なローン同様フラット35のローン審査は一般的な物よりも審査の見方が異なります。
変わっているとはいえ、やはり支払い能力や信用問題は重点的にチェックされます。
住宅の価値を重視して審査を行います。
他のローン審査と違う点は、住宅の価値を重視する。
という所です。
担保として十分かどうか、という点を重視する。
という事です。
これにより、一般的なローンは落ちてしまったが、フラット35なら審査が通った。
という方も多いです。
住宅ローンを組む時に皆さんが一番気になるのが金利ではないでしょうか。
住宅ローンの金利をわけると固定金利・変動金利があります。
どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行の方に、おすすめですよ。
などと言われる事はありません。
基本的に固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いのが一般的です。
また、どちらの金利を選んでも審査が変わってくる。
といった事もなく、どちらも公平な審査の元で行われます。
どちらを選んでよいか迷ってしまう・・という時は、その銀行の金利の推移などをチェックすると良いでしょう。

フラット35の借り換えは損?手続きや諸費用を分析! 【比較Q&A】