中古マンション住宅ローンの組み方は?

マンションのアフターサービスは、築後1年、長くても数年で終わってしまい、通常販売会社との接点はほとんど無く、居住開始後は管理会社が窓口となり、アフターサービスの対応をします。
しかし、マンションに重大な欠陥があったり、施工時のミス等で工事のやり直しの必要があり、販売側に落ち度がある場合には販売会社より無償で工事が行なわれます。
その際にはマンションの全世帯が対象となる為、新築で購入した世帯と同様に、住宅ローンを組み、中古マンションを購入した世帯でも対応をしてもらえます。
また、中古で購入し入居後しばらくして、水回りや配管、設備等の不具合があった場合でも、他の世帯と同じように管理会社に対応してもらえます。
新築の購入と違い、中古マンションの購入の場合は、築年数が経過している事もあり購入後に不具合があった場合の対応にも不安があるかと思いますが、購入後は他の世帯と同様に管理会社に対応してもらえます。