看護師を辞めたい...

看護師を辞めたいと思っている人は、現実には、かなりの数になるようです。
最大の理由としては、きつい仕事で体調を崩したり、給料に満足していなかったり、仕事場のややこしい人間関係で精神的に行き詰ってしまったりという事が多いです。
医師がされていたことを看護師ができるようになって、職務内容が広がっています。
注射や点滴、カルテの整理、記録、次々と発生する患者さんの急な異変への対応に時間を取られて休日も取りにくく、帰宅できない日も増加しつつあるようです。
結婚し、子供を産んだ人にとっては、家事や育児に、仕事は負担がかかります。
より一層、離職者が増加してしまい、看護師不足の問題は解消されません。
なぜナースはたくさん動くのでしょうか。
仕事場がオフィスの人と並べると動き回っている時間が多いです。
患者をストレッチャーとか車椅子を使って運んだり、ナースコールで呼ばれると、即病室にダッシュしたりするからでしょう。
看護師って医療関係者で結構、手堅い職業と思われがちですが、相当、ハードな仕事の割には給与はたいしたことはないです。
婦長クラスならともかく、その他の多くは割にあわない額なのです。
賃金の低さに嫌気がさし辞職する看護師、ナースも少数派ではありません。
知り合いの看護師が人間関係でずっと悩んでいたのですが、ついに先月、病院を退職してしまいました。
このご時世、新人の看護師を迎えるとしても看護師になりたい人が少ないそうで、病院側は頭を抱えているということでした。
看護婦さんに退職された後に対応を迫られるなら、そのようになることを防ぐために、看護師に配慮すればいいのにと思います。

看護師転職の悩みにはどんなものがある?