光インターネットに繋げてある家は固定電話をつけないところも増えています

光インターネットを導入すると、従来のメタル回線による電話線が不要になります。
なぜならば、ONU(光回線終端装置)にモジュラージャックが装備されているので、光インターネット契約のオプションで「光電話」を追加すれば、電話番号が変らずにそのままの受話器で固定電話が利用できるからです。
価格も500円程度なので、光回線工事の際に電話線を撤去する家庭も多いようです。
ところで、携帯電話やスマートフォンが普及したために、固定電話を設置しない家庭も増えてきたようです。
特にひとり暮らしの人は家に不在のことも多いので、なおさら固定電話は不要なのでしょう。
世間はそんな風潮なので、以前はクレジットカード審査などで固定電話がある家庭は属性ポイントが上がったのですが、最近は評価の対象から外されるケースが増えてきているようです。
プロバイダーを乗り換えするときの条件で比較